N2 CLINIC

免疫細胞療法

免疫細胞はあなたの体を
常に守る防衛軍です

免疫細胞は毎日体の中をパトロールしています。
そして異常細胞を発見すると直ちに攻撃・除去します。
がん細胞や外から来たウイルスに感染した細胞を逃しません。
皆様が今日まで健康で生きてこられたのはご自身の体内で、
とてもタフで、とても真面目なこの免疫細胞がいつも戦ってくれているからなのです。しかし、ストレスのかかる生活を送っていたり、年齢を重ねていくと免疫細胞が急激に低下していきます。この免疫細胞の低下が深刻な病気の原因となるのです。
免疫力の維持は、健康維持の最大の鍵です。

免疫細胞は、あなたの体を常に守る防衛軍です。

NK細胞

NK細胞は「Natural Killer細胞」の略。体の中の異常を見つけ、それを攻撃するこの細胞は、加齢やストレスによって活性が低下する傾向にあります。その結果として免疫力が低下し、さまざまな疾患を発症する原因につながっていきます。

NK細胞の活性低下グラフ

免疫細胞療法

免疫細胞の中でも、がん細胞に対しての障害活性が最も高いNK細胞。
ご自身の血液を採取し、その中からNK細胞を細胞培養により増殖、活性化させ、体内に戻します。
もともと体に備わっている免疫細胞を増強する治療ですから体への負担は非常に小さく、がんや感染症に対する治療・予防に安全に
アプローチすることができます。さらに、この治療法は他のがんや感染症治療と併用することで効果を
増強することもできるのが大きなメリットです。
このサイクルを定期的に行うことにより、高い免疫力が体内に構築され、健康増進および病気に対する免疫力の誘導につながります。

免疫細胞の中でも、がん細胞に対しての傷害活性が最も高いのがNK細胞です。
免疫細胞療法は自分の細胞を用いるため体に負担がかかりにくく、副作用が少ないのが特徴です。
手術、放射線療法、抗がん剤治療などの他の治療との併用により、治療効果を高めることが報告されています。

広い範囲に渡った活用が可能

健康時
  • 自己治療力の増強による健康増進
  • がんやウイルス感染の予防
手術や陽子線治療との併用
  • がんの再発予防や転移防止
  • がんに対する免疫力の誘導
化学療法との併用
  • 相乗的作用による治療効果の増強
  • 化学療法の副作用の軽減
緩和医療との併用
  • がんの進行遅延
  • 生活の質や病気の予後の改善

健康な人でも免疫年齢は実年齢を上回ることがあります。当院では、ご自分の免疫の状態が一目でわかる「免疫検査」を行っております。ご自分の免疫の状態を確認しながら、免疫細胞療法により理想の状態に近づけていくことができます。

また、当院ではNK細胞のほか、樹状細胞、アルファ・ベータT細胞、ガンマ・デルタT細胞などのさまざまな免疫細胞による免疫細胞療法の再生医療提供計画を取得しています。状態に応じて、最適な治療法を専門の医師がご案内いたします。

状態に応じて、最適な治療法を専門の医師がご案内いたします。

免疫細胞療法の手順
(NK細胞の場合)

ご自身の血液を採取し、その中からNK細胞を分離・培養して体に戻す治療です。

  • 採血
    採血
    30〜50mlほど採血を行います。2回目以降の治療では、NK細胞点滴時に次回治療用の採血をおこないます。
  • リンパ球分離、NK細胞の選択的培養・活性化
    リンパ球分離、NK細胞の選択的培養・活性化
    細胞加工施設において、2~3週間の培養により治療用の高純度活性化NK細胞を製造します。
  • NK細胞を投与する
    NK細胞を投与する
    点滴によりNK細胞を投与します。再生医療提供計画を遵守したプロトコルで、再生医療を専門とする医師が安全管理のうえ施術をおこないます。そのほかの種類の免疫細胞でも基本的な治療手順は同じです。

幹細胞療法

幹細胞療法

ご自身の脂肪組織由来幹細胞を細胞培養により増殖し、静脈注射や局所注射により投与することで、損傷した組織を修復・再生させることが期待できます。

Read more

免疫細胞療法

幹細胞培養上清

幹細胞が分泌する各種サイトカインやエクソソーム等の機能性成分を応用し、組織修復や抗加齢医療をおこないます。

Read more